●風力発電施設●

 この農業用風力発電施設は平成11年度に宮古の特性を活かした観光農業の支援と、農業用水のコスト低減を図ることを目的として施行されました。風という自然エネルギーを活用した環境への負荷が少ない方法で、地下ダムに貯蓄された農業用水を汲み上げるポンプの電力を自己供給しています。自然エネルギーがどれだけ農業支援に活用できるかを実証する場としても利用されています。
 

〈 ローター 〉

〈 タワー 〉

〈 発 電 機 〉

 直   径   47m

 受風面積   1,735u

 定格回転速度   28.5rpm

 プレート数   3枚

 出力調整   ピッチ制御

 回転方向   時計方向(前方より見て)

 エアーブレーキ    フェザーリング式

 材   質   GFRP・特殊真空形成

 軸向・風向   アップウィンド

 形  式  2分割モジューラ塔

 材  質  網製

 高  さ   33.7m

 上端直径  2m

 底部直径  3m

 形   式   非同期式巻線
         形誘導発電機

 定格出力   600KW

 電   圧   690VAC

 周 波 数   60Hz

 回 転 数   1814pm

 各 電 流   512A 

東山第3群機場のポンプは風車で発生した電力で運転しますが、余った電力は電力会社へ供給されています。

逆に、不足した場合は、電力会社から供給されています。

BACK