宮古島の地質

(1)宮古島の地質構成

 島の地質は、第三紀鮮新世から第四期下部更新世の泥岩、シルト岩、砂岩で構成される島尻層群とそれを不整合で覆う更新世琉球層群琉球石灰岩)からなっています。琉球石灰岩の表層は風化土壌で、層が薄く、保水力に乏しい層となっています。この3つの主な層のうち基盤となっている島尻層と琉球石灰岩層は宮古島に数条に走る断層の影響でブロック状に形成されています。

主な地層の説明
@大野越粘土層
  琉球石灰岩や島尻泥岩が雨や風に よって細かく風化してできた粘土質の土です。
A琉球石灰岩層
  今から50万〜20万年前、この辺り が隆起して浅い海だったころにサンゴ 礁が発達しました。
  そこに生息していた生物の石灰質 の殻や骨格が、サンゴ礁及びその浅 海底に堆積して団結したもので、空隙 が多いのが特長です。
B島尻層

 いまから150万年以上前、この辺り はまだ中国大陸大陸棚でした。その頃、大陸の河川から供給された砂や泥が厚く堆積してできたものです。主に水を透しにくい泥岩からなり、宮古 島の基盤となっています。 

宮古島の地層ができるまで・・・

(2)土 壌 

 土壌は島尻マージのほか、一部にジャーガル、沖積土壌が見られ,弱アルカリ性、または中性で粘土とロームを含み、石灰岩の破片が混入した石質粘土や、その他数広種の粘土が範囲に分布しています。

(3)断層による地層のくい違い

 島では北北西から南南東方向に数多くの断層が発達しています。 断層と断層に挟まれた範囲の地下では,島尻層は谷のような形になっています。この谷を締め切ることで地下水を容易に貯留できます。



BACK     NEXT